2007年05月28日

ホタルノヒカリ ドラマ化

先週は出張の為、ネットニュースもチェックできず。
今日うろうろしていて発見しました。

前々・・・NANA、のだめの実写化の流れから、そろそろかなぁとは予想はしてたけど。。。
「やっぱりかっ!!」って感じのホタルノヒカリのドラマ化です。
蛍役は綾瀬はるか、との事ですが。。。
うーん。。ぶっちゃげ、美人過ぎませんか?(笑)
あの綾瀬はるかで、蛍の小汚い(笑)「休日はジャージ姿でビールを飲んで過ごす「干物女」」姿をどこまでやるのやら・・。

本音としては、大好きな漫画をヘタにドラマ化されたくないんだけどなぁ。。。 上手く映像化するとは限らないし。
最近のドラマは原作付き多すぎ! 連ドラ業界(?)へたれすぎーや!!(ToT)


綾瀬はるか:恋愛放棄の“干物女”に ドラマ「ホタルノヒカリ」主演


posted by じゅんじゅん at 19:12| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | ニュース・記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月26日

直江〜!! -09年の大河は「天地人」=NHK-

NHKは26日、2009年の大河ドラマで「天地人」を放送すると発表した。原作は、戦国時代を舞台にした火坂雅志さんの同名小説。
 番組では、上杉景勝の家臣でありながら、豊臣秀吉がほれ込み、徳川家康が恐れたという「義」の人、直江兼続の生涯を描く。配役は、今後人選を進める。 

Yahoo!ニュース 09年の大河は「天地人」=NHK
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070426-00000129-jij-soci


今年は武田。
再来年は上杉ですか!!
うわ〜! ちょっと楽しみなんだけど♪

上杉景虎や、直江信綱も、登場するよね?
上杉謙信はともかく。景虎様も直江(あ、信綱の方ね)も微妙だな。
出ても一瞬じゃなかろうか・・・。

話は変わりまして今年の大河、「風林火山」。
先々週かな? とうとう、高坂弾正が登場しました。
なんていうか、やさぐれ山本勘助に喰われちゃった・・・て感じでした、よね? あれは邪推じゃないと思うんですが(笑)

posted by じゅんじゅん at 20:11| 福岡 | Comment(0) | TrackBack(1) | ニュース・記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月05日

年末ジャンボ宝くじ1等は64本

年末ジャンボ 一等のあたりの数が、福岡は5本らしい。

他県に比べると多い方みたい。
今年も買っているけど、結果は(あえて)見ていません。 かなり楽しみです。

当たれー 当たれー あ〜た〜れ〜〜!(祈?呪?)
posted by じゅんじゅん at 17:23| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース・記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月26日

おおきく振りかぶって テレビアニメ化決定

おおきく振りかぶって:テレビアニメ化決定 07年春放送開始予定

好きな漫画の1つです。
いつもそうだけど、好きな漫画がアニメ化って嬉しいような寂しいような・・・。

知った切っ掛けは、1〜2年前?にテニスの大手サークルさんがおお振り本を出していて、興味を持ったのが始まりです。
と、いっても私は同人萌えはしてませんよー!!(笑)
ますます、本命ジャンルがテニスから離れるサークルさんが増えるかもしれない・・・。
それはそれで仕方ないけど、途中のシリーズはちゃんと完結する事を願います!!


キャストはまだ決まってない様。
同人萌えでなく(しつこい)、純粋に好きなのでとても楽しみです。
春に忘れないよーにしなきゃ!


TBSアニメーション 公式HP
http://www.tbs.co.jp/anime/oofuri/
posted by じゅんじゅん at 18:11| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース・記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月01日

デスノート Lが主人公、スピンオフ映画製作決定

Lが主役のスピンオフ映画が作成決定、らしいよ。
ストーリーや出演者等等、詳細は未定。
公開は平成20年と、ちょっと先。
。。。
そんな先で、今の集客力を見込めるのかしら?(余計なお世話)

探偵(L)が死んだ後、過去(生きていた時代)の活躍を描くって事よね?小説版のように。
う〜ん。。。メルカトル鮎が思い出されます。(麻耶雄嵩のデビュー作で殺された探偵。以降、メルが活躍してる短編、長編が多数出版される)

踊る〜ぐらいから、スピンオフって単語を耳にするようになったけど、正しい意味って何なんだろう?

映画「デスノート」公式サイト
http://wwws.warnerbros.co.jp/deathnote/news.html
posted by じゅんじゅん at 14:33| 福岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース・記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月26日

常識知らず?!

ネットで見かけた記事。

ブログが就職の「落とし穴」? ググられる学生たち

掲載記事の結論としては
「自分の情報は、自分で守らなくてはならない。あなたがブログやSNSを実名で運営しているなら……少なくとも、就職関連の書き込みは避けるのが賢明だろう」


いやいや・・・。そもそも、ネット(SNS含む)で実名を使うっちゅうのはナシでしょ・・・。
実名でブログ等をやってる方が馬鹿じゃないかと思うんだけど。


因みに、私の本名で検索をかけると「行方不明のXXXXさんを探してます」なサイトが沢山引っかかります(笑)
posted by じゅんじゅん at 14:18| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース・記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月06日

ビブロス自己破産

朝一でネットで記事を見かけて衝撃だった。
<倒産>出版社「ビブロス」自己破産

男性同士の恋愛を描く漫画や小説人気の火付け役となった。昨年12月には「オタク検定」でも話題を呼んだ。関係者によると、関連会社の業績不振などで資金繰りが悪化していたという。

ええええ・・・。
出版業界の経営は厳しいとは聞いた事があるけど、ビブロスでも倒産するとは・・。
抱えてる連載や雑誌などはどうなるんだろう?
他の会社へ移るのかな?

好きな未完のシリーズもいくつかあるので、今後が気になります。
posted by じゅんじゅん at 09:59| 福岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース・記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月05日

風林火山の衝撃

この記事見ました?!
大河ドラマ:07年放送、出演者決まる

山本勘助役が内野聖陽さんなのはいいとして。
上杉謙信役はGactだって!
えええー?! しょ、正直イメージが・・・。

Gacktさんは「侍スピリットを表現したい」と抱負を語った。

とのことなんだけど・・・。

こちらNHK大河「風林火山」でGackt謙信では、

 Gackt(ガクト、年齢未公表)が来年のNHK大河ドラマ「風林火山」で上杉謙信を演じる。3月31日、主要出演者3人が発表され、ガクトは山本勘助役の内野聖陽(37)、武田信玄役の歌舞伎俳優市川亀治郎(30)とともに出席。映画「ムーン・チャイルド」に出演したが、ドラマはもちろん、時代劇初挑戦とあって「僕が大切にしているサムライ・スピリッツを若い人に届けたい。これまで見たことのないガクトを見てほしい」と意欲を語った。

 石泉久朗プロデューサーによると、昨年の東京ドーム公演で馬に乗って中世の騎士姿で疾走する姿を見て「今、謙信が生きていたら、ガクトさんそのもの」と即決した。いつもはカラーコンタクトで目を青くしているが「さすがに目の青い謙信はどうかなと思うので、目は戻します」。生涯独身の謙信には「女性説」もあり、美しいビジュアル系謙信となりそうだ。8月にクランクインの予定。


へぇぇぇぇぇ・・・。
がっくんが演じると、どんな謙信になるのかな?
(直江パパって出るのかな?・笑)

来年の大河は「風林火山」って時点で興味があったんだけど。
やっぱり、いろんな意味でちょっと気になる(笑)
posted by じゅんじゅん at 14:23| 福岡 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | ニュース・記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月02日

まるマPSゲーム…

7月に発売される、まるマのPSゲーム。
ちょっと面白そうだなーと思ってたんです。
(if要素でひたすら次男とくっつけ、「陛下御寵愛トト」なる好感度システムでぶっちぎり一位・・・とかやってみたい・笑)

しかも。
「プレミアムBOX」版も出るらしい。
60分収録のドラマCDや書き下ろしろしのショートストーリーも掲載されるとか。
これはBOX版で欲しいよ!
角川の戦略にはまってるみたいで悔しいけど!(笑)


記事は コチラ
ついでに ゲームの公式サイト

posted by じゅんじゅん at 22:59| 福岡 | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース・記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月29日

少女文庫。

MSNで、少女文庫30年:コバルト、新人輩出 ティーンズハート、新しい展開検討なる記事がありました。

ティーンズハートは今月休刊なんですね。知らなかった。
といっても、ずっと購入してませんが・・・。
っていっても買っていたのって折原みとブーム全盛の時ぐらいだけどね。

記事の中には
90年代はファンタジーがブーム。前田珠子さんがファンタジーの女王として活躍し、桑原水菜さんの『炎の蜃気楼(ミラージュ)』も大ヒットした。少年、青年同士の愛を描いたボーイズ・ラブものも出てくる。最近では女学園を舞台にした今野緒雪さんの『マリア様がみてる』シリーズが話題に。

私のコバルト文庫暦(笑)は前田珠子さんから始まり、若木未生さん、氷室冴子さん、藤本ひとみさん・・・と中高校時代に結構読んでました。
う〜ん、懐かしいかなぁ。
一時期は、多い時月に4〜5冊買うときもありました。
最近も買ってなくはないけど、ここ数年の新人さん(?)はまず買わないし。昔から読んでた作家さんも新シリーズは買わないこともあります。
だから、買わない月も多いかな。
BL系は、コバルト文庫で買おうとは思わないしね。
主題が別にあり、話の展開上、BL要素ありっていうのはコバルトでも全然OK(例:ミラージュ)なんだけど。
コバルトでBLの恋愛のみの話っていのは、やめてほしいなー。
そういう話を読みたい時はソレ専門のトコで出してるやつを見るから!
リボンやマーガレット、コバルトなど、小中学生の見るようなものはこう、もう少し純な作品として欲しい!(BL色は不要!)
汚れた大人の一人として、そう思うよ(笑)

話がそれました・・・。

記事の最後にこう締めてました。
現在、目立っているのは角川書店のビーンズ文庫。ファンタジーをカバーするが、『今日から(マ)王!』『彩雲国物語』といったアニメなどと連動した展開が成功している。

いま勢いがあるのはビーンズなのかな?
マ王萌えしてる現在、こんな冷静な記事を見るとちょっと後ろめたい気になっちゃう(ビビリ)
posted by じゅんじゅん at 15:23| 福岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース・記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。